« 第五回『穂口雄右とキャンディーズ』 | メイン | 第七回 『円舞曲』 »

コメント

spr

半田健人様
一年以上も前の事なのに、今になっての投稿を失礼致します。
2007年7月28日の阿久悠さんとのご出演、拝見しました。
テレビをつけて裁縫していたら偶然放送されていて、半田さんの歌謡曲の解説を伺い、こんな風に表現されるのは聞いたことがない、と引き込まれて手を止めました。
阿久さんが半田さんの解説にコメントされた中で「やるな若僧」とおっしゃったのが印象的で、その後すぐに訃報を知り、昭和歌謡を語る時、そのコメントは半田さんにバトンタッチされたのでは、という思いが残りました。
一年経ち、今も時々半田さんをお見受けすると、私より10もお若いのに、落ち着いて大人なご様子の半田さんに、心の中で拍手を贈っております。
誰にでも懐かしく蘇る思い出と、その当時流れていた歌謡曲の記憶がありますね。この曲にはこんな背景があると、またワクワクさせてくれるような半田さんの解説を、何かの場面で伺えるのを楽しみにしております。

じんぎすかん

半田さん、はじめまして。41の道産子であります。NHKの「通」は偶然見ており、昭和歌謡好きの私としては大変興味深い番組でした。「なにやらやたらと昔の曲に詳しいあんちゃんだなあ」と思い感心しました。私の年代でさえ、昭和歌謡の話をしてくれる友人はあまり居ません。単なる懐古趣味ではなく本当に昭和歌謡が素晴らしいからそれを残していく作業は絶対必要です。その為には半田さんのお力が絶対必要です。昭和歌謡の存続をあなたに託します(何様なんだ^^) 半田さんを主演とした「昭和歌謡ドラマシリーズ」を見てみたいといつも思ってしまいます。例えば、「五郎物語」とか「ジュリー物語」とかの人に歴史ありみたいなドラマ。観てみたいもんですなあ。

エンド

唐突ですが質問があります。数日前、「なんでも上空から見てみよう」的な番組に高層建築評論家(?)として出演なさってましたよね。その際、事前に入念な打ち合わせを繰り返して、ご出演場面に流れる音楽を細かく指定しておられたとか。すると、「さて次のビルはこれです」というランキング発表の時に繰返し数秒間にわたって流れた音も半田さんが指定されたものでしょうか?
あれはひょっとすると『ガッツジュン』の主題歌のイントロではないですか?
わたしはドラマ自体は殆んど覚えていないのに、なぜかあの歌が妙に好きで、あの音が聞こえてきたときは突然の高揚感に突き上げられ、曲がなんなのかという判断は正直だいぶ遅れてやってきたのですが。
この歌は「はずむ希望をメロディにのせる」ことにかけては天下無双(と私が勝手に信じている)三沢郷先生の作品と思っていましたが、この度あらためて調べてみたら作曲は鈴木邦彦さんだったんですね。
作品リストを眺めてみて驚きました。わたしが何故か好きだ、というより心にこびりついて離れない黛ジュンの『乙女の祈り』や西城秀樹の『薔薇の鎖』などが含まれているじゃありませんか。
「食わず嫌い」という言葉がありますが、私は鈴木邦彦さんが「知らず好き」だったようです。
たとえあの音のチョイスが半田さんのあずかり知らぬことで、スタッフの気まぐれだとしても、さらにあれが『ガッツジュン』でもないとしても、答えを探ろうとして結果的にこの素敵なブログに辿り着けてよかったです。山口百恵の回の締めの文にはシビレました。これからも昭和歌謡曲を深く深く掘り下げるこのブログの更新を楽しみに待たせていただきます。
もし万が一、私の質問にお答えが頂けるものでしたら、「エンドの一人相撲」という、すきま風吹きすさぶ粗末な掘っ立て小屋のようなブログをやっておりますので、そちらにコメントを入れて頂けますれば、これに過ぎる幸いはございません。
ぶしつけに長々と書いてしまい済みませんでした。目障りなようでしたら、どうか削除をお願いします。

慎

私は55歳ですが、半田さんが、先般の「のど自慢チャンピオン大会」の審査員として出ていて、民謡を歌った女の子の批評をしていましたが、
言っている内容に、「この男は何者?失礼」と思い、Wikipedia で検索して読みました。そういえば、「さんま師匠」の番組で、優子りんのバンド員の審査員でも出ていましたね。半田氏の年齢から考えて、その言動に非常に注目しています。

あおぞら

半田健人様、

(今現在2011年4月3日)今年になって半田さんの存在を知りました(当方、ニューヨークに移住して20年程です)。いやぁ、まぁ、ぉのぉ、驚きましてん。含蓄、薀蓄の深さと言うか、それよりこれだけ何でも詳しい人は、だいたいやね(竹村健一風)、そんなに素敵な人はおらんのですよ。半田さん、もう完全無敵やおまへんか!NHKは半田はんを紅白の司会者に考えたらいいと思いますし、半田さんが司会する歌謡曲の懐メロから現代まで網羅する番組(ミュージックフェアー風)を司会されるのを是非見たいですね。

健人はん、健闘を祈りまっせ!

本籍神戸の60年代生まれのNYに生息する生き物より

棚田義雄

初めまして。半田さんを仮面ライダー555に出演されているときに初めて拝見し、ぶっちゃけ、キムタクよりかっこよくネと思ってました。

最近になり昭和時代フリークなのを知り『何この渋さ』と面くらい仮面ライダー555の時のギャップに驚きましたが、6/4、とある本で お互い同じ月日に生を受けた事を知り衝動的にコメントを残しました。
自分も昭和歌謡(ていうか演歌)が好きで、集まる年齢層ではよく歌います。お互い昭和の良い所を忘れずにいきましょうネ

Bella

Which came first, the problem or the suotloin? Luckily it doesn't matter.

この記事へのコメントは終了しました。